一期JAM NEWS!!

検索

2019/8/25-27 「神奈川×ギニア×三島村」 国際交流企画 ジャンベワークショップ&ミニコンサート

2019年8月25日(日)~27日(火) の3日間、横浜市中区の”KAAT神奈川芸術劇場”にて「WASAWASA!ジャンベワークショップ&ミニコンサート」が開催されました。

こちらは2019年夏に横浜で開催されたアフリカ開発会議(TICAD)に合わせ、神奈川県主催の共生共創事業の一環として行われたイベントで、神奈川県の子どもたちとギニア共和国の子どもたち、そして2020年オリンピックにおいてギニア共和国のホストタウンとなった鹿児島県三島村の子どもたちとが、アフリカ音楽を通じた国際交流によって多文化共生を推進することが目的です。

私たち一期JAMは3日間にわたり演奏指導とコンサート出演者への楽器提供、衣装提供でサポートし、神奈川県・三島村の皆さんと協力してこのイベントを成功させました!


8月25日(日)ワークショップ初日。

厳しい残暑のなか神奈川・東京在住の親子連れのみなさまにお集まりいただきました。

今回の課題曲は西アフリカのリズム”ジョレ Djole”

講師は一期JAM理事長 山﨑と理事のモモ・ケイタが務めました。

まずは今回の企画の主旨とモモ・ケイタによる母国ギニア共和国の説明からスタート。

日本在住9年となるモモ・ケイタが、参加者の子ども達には日本語で解りやすく時にはユーモアを交えてジャンベの叩き方をレクチャー。合間にはギニアの生活風景なども話もするなど、参加者もスタッフも思わず引き込まれました。

初めて聞くジャンベの音に最初は戸惑っていた子どもたちも、ワークショップが進むにつれてみるみる笑顔に包まれ、最後にはもっと叩きたいと親御さんにせがむお子さんも(笑)

2日後のミニコンサートが楽しみな一日となりました!

 


8月26日(月)ワークショップ2日目。

この日から鹿児島県三島村の子どもたちが合流。 ワークショップが始まる前に早速三島村の子どもたち(以下”みしまっ子”)の自主練習が始まりました。まずはみしまっ子の演奏が観たいという講師陣からのリクエストで、”ジョレ Djole”を演奏してもらうことに。

三島村はジャンベを通じてギニア共和国とおよそ30年来の交流があり、村の小中学校ではジャンベの授業があります。若き情熱あふれるみしまっ子の演奏に、講師・スタッフ陣一同圧倒されてしまいました。 2日目を迎えると子どもたちと講師・スタッフ陣もすっかり打ち解け、時々冗談を言い合いながらもメリハリのある練習が続きます。このプロジェクトもいよいよ佳境に差し掛かりました。みしまっ子と神奈川の子どもたちの合同ワークショップが終わると、ギニア共和国から遠路はるばる来日した子どもたちが到着!会場は大きな歓声と拍手に包まれました。



*****************************************************



8月27日(火)コンサート本番当日。

出演者全員で直前までリハーサルが続きます。

回を重ねるごとにクオリティがみるみる上がり、演奏にも自然と熱がこもります。

会場となる神奈川芸術劇場『アトリウム』は、子どもたちの演奏を一目観ようとするお客さまと関係者で一杯になりました。ボルテージはまさに最高潮。

そして14:00、ついに本番の時を迎えました!

大勢のお客さまが見守る中、三島村村長によるジョレの歌唱と共に、「神奈川×ギニア×三島村」の子どもたちによる熱い演奏が始まりました!私たち一期JAMも演奏補助や楽器提供で子どもたちをサポート。

ソロパート、アフリカンダンスなど子どもたちの白熱した演奏が続きます。

そして最後のフレーズをみんなで叩き終えると、会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれました!

あっという間のひと時でしたが、国や立場を超えて協力しイベントを成功させることができ一同大変感激しました。私たち一期JAMのミッションである、「地域交流と国際交流をクロスオーバーさせた新な交流の創造」、「音楽の楽しさの共有」、「協力し合う大切さを子どもたちに伝える」を達成することができたと思います。